fbpx

イベント・最新NEWS

「パデル女子日本代表チームへ協賛」

paddle_paddle_tennis_court-489678 (1)

新スポーツ「パデル」の日本代表への協賛

10月25日~11月4日にパラグアイでおこなわれる「2018 World Padel Championships」に出場が決まっている日本代表女子チームの皆さんに「凌駕スマッシュウォーター」を提供させていただくこととなりました。
クラウドファンディングのページで紹介されました←(別サイトの記事に飛びます)

Padelとはスペインで1970年代に発祥したまだまだ新しいスポーツでテニスコートの四方を壁と金網で囲って作られたテニスコートを少し小さくしたようなところににネットを張り、2対2で向かい合ってボールを打ち合うラケットスポーツです。ルールや点数の数え方はテニスと似ており、スカッシュのように壁からの跳ね返りを利用して打ち合うためテニスとスカッシュを融合させたような競技です。(下に動画あり)
スペインではサッカーの次に人口が多いとされる国民的人気スポーツとなっております。日本には2013年に埼玉県所沢市にある施設「所沢フットサルパーク」内にひっそりとたてられ、瞬く間に人気を博し、2017年には本格的な国内ツアーも始まり2018年3月には全日本選手権も開催されました。また8月には大井町駅すぐに建設された複合スポーツエンターテイメント施設「スポル!」内にも作られ、連日多くの取材や芸能人が訪れ、メディアも賑わせている新感覚の生涯スポーツです。

・コートはこのように強化ガラスと金網で囲われている
Charming-vacation-rental-Rota-HOYO-11-COSTA-BALLENA_11

【2年に一度の国別対抗戦「World Padel Championships」】

女子日本代表はチーム名を日本のイメージを含ませ考えられたその名も【忍Japan】は6月にアジアオセアニア予選が行われ、オーストラリア代表との接戦を制して本大会へと駒を進めました。同時期に男子も予選に臨んだが、オーストラリア代表の底力の前に力尽き、本大会への切符は手にすることができませんでした。男子の分もパラグアイで暴れてくれることを期待しています。
パラグアイまでは実に32時間かかるそうで、体調管理も選手の大事な仕事の一つです。狭い機内で動けないことを考えると代謝も悪くなりますので、水分補給をしっかりすることが大切です。また開催国であるパラグアイは南半球に位置しており、11月から夏季とされています。気温も30度を超える猛暑となりますので、「水分の効率的な補給」、「脱水予防」、「熱中症対策」に役立つ「凌駕スマッシュウォーター」を提供させていただくことになりました。
しっかりと水分補給をおこなって最高のパフォーマンスを発揮していただきたいと思います。

【旅費等をクラウドファンディングで応援!】

これまで説明した魅力的なスポーツ、パデルですが、まだまだ日本では認知の低いスポーツです。協会も発足して2年足らず。潤沢な資金も人もいません。そんな中、将来の日本のパデル界のために経験をさせてあげたいという協会側の想いが今大会への出場を決定させました。なので選手の旅費はほぼ自腹!サッカーや野球などのメジャースポーツからしたら「日本代表なのに自腹!」と驚かれると思いますが、マイナースポーツはそんな状態の協会は少なくありません。そこで忍Japanは選手自らがクラウドファンディングに挑戦し、応援してくださる方から寄付を集め、少しでも旅費の足しにしようと頑張っています。交通費だけでも約200万円ほどかかるそうです。
ぜひ、この機会にぜひ、応援してあげてください。
応援はこちら→「CAMPFIRE」

選手の皆さん、ファイトー!!

パデルとは以下のようなスポーツです!

凌駕スマッシュウォーター
https://llc-sunplus.jp/archives/product/122/

凌駕BCAA+
https://llc-sunplus.jp/archives/product/148/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る