fbpx

スポーツシーンでの活用

11.242019

アスリートボイスNo.9追加! 安田 隼人 選手

凌駕アスリートボイスNo.9

スカイランニング・トレイルランニング 安田 隼人 選手登場!!

yasuda1

今日はスカイランニング・トレイルランニング界のベテラン選手、安田隼人選手の紹介です。
サプリメントや補給食は「何を使うか」も大切ですが、「何故それを使うか」がとても大切だと思っています。安田選手はご自分の体質や経験からサプリメントを使うようになり、結果も伴うようになりました。
とても参考になりますので、ぜひ、ご一読ください。
run_ryoga1

名前:安田 隼人(やすだ はやと)
生年月日:昭和53年10月14日
競  技:スカイランイング・トレイルランニング

 

【安田選手のコメント】

スカイランニングのレースに出ていますが、そこで協賛していた凌駕スマッシュウォーターと初めて出会いました。
お恥ずかしい話ですが、競技を始めた当初は、あまり補給の大切さをわかっていなく、ジェルはもちろん、飲料水に何か混ぜて摂取するとか、面倒だし、時間がもったいない。40kmくらいのレースなら補給なしで、体力や走力のみでカバーできると思っていました。
しかし、競技を重ねていくうちに、上位の選手と戦うには体力や走力だけではなく、しっかり補給していかなければ太刀打ちできない現実を、知らこととなりました。
また、私は汗がたくさん出るので、レース中は他の選手より多くの飲料水を持たなければなりませんでした。荷物も少なければ少ないほど有利(必携装備以外)なスカイレースで、多くの飲料水を持たなければならないことは、ストレスであり、良い結果を出せませんでした。
そこで、以前スカイランニングの協賛でもあり、上位のスカイランナーの多くが摂取していた凌駕スマッシュウォーターを思い出しました。
早速試してみてまず感じたことは、走っていてもお腹がチャプチャプ言わなくなりました。
レース中いつも大量の飲料水を飲むことにより、お腹がチャプチャプしてしまい、あまり吸収されなく内臓が疲労するだけで、飲んでも飲んでも喉が渇きました。凌駕スマッシュウォーターを摂取してから、このお腹チャプチャプが無くなったことは、しっかり水分摂取できるだけでなく、レース中のストレスも軽減されました。
そして、レース前の約1時間前に凌駕スマッシュウォーターを摂取することにより、身体の中に水分をしっかり貯えられ、レース中の飲料水を少なく持つことができました
これからのレースには凌駕スマッシュウォーターを飲み、しっかり結果を出していきたいと思います。
 

【主な戦績】

【2017年】

びわ湖バレイスカイレース         10位
五箇山道宗道トレイルレース         2位
志賀高原エクストリームトレイル(54km) 7位

【2018年】

上田スカイレース              8位
びわ湖バレイスカイレース          3位
須坂米子大瀑布スカイレース         7位
志賀高原エクストリーム(32km)    12位
2019年
上田スカイレース              2位
OSJ山中温泉トレイルレース(80km)  8位


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の記事

  1. 11.242019

    アスリートボイスNo.9追加! 安田 隼人 選手

    凌駕アスリートボイスNo.9スカイランニング・トレイルランニング 安田 隼人 選手登場!!...

  2. 4.252019

    アスリートボイスNo.8追加! 輿石 亜佑美 選手

    凌駕アスリートボイスNo.8テニス 輿石 亜佑美 選手登場!!今日はテニス界期待の新...

  3. 4.152019

    アスリートボイスNo.7追加! 伊藤 竜馬 選手

    凌駕アスリートボイスNo.7テニス 伊藤 竜馬選手登場!!今日はロンドンオリンピックにも出場...

ページ上部へ戻る