fbpx

スポーツシーンでの活用

12.202019

アスリートボイスNo.10追加! 上田 絢加 選手

凌駕アスリートボイスNo.10

スカイランニング・トレイルランニング 上田 絢加 選手登場!!

ayakaueda7

今日はスカイランニング・トレイルランニング界に突如として現れた期待の新生、上田絢加選手を紹介!
笑顔がとてもキュートで明るく元気な、誰にでも愛される人柄が印象的な上田選手。
競技歴2年目にして世界選手権の代表に選ばれた実力も本物です。
上田選手がなぜ、凌駕スマッシュウォーターを選ぶのか、お話を聞いてみました。

ayakaueda8

名前:上田 絢加(うえだ あやか)
競  技:スカイランイング・スキーマウンテニアリング

【プロフィール】

中学・高校では陸上競技部に所属し、短距離を専門に競技を行う。大学を卒業したのち、食品・飲料メーカーに就職。その後、スカイランニングに出会う。 2018年にスカイランニングアジア選手権で3位となり、2019年には初めて挑んだスカイランナージャパンシリーズにて年間ランキング2位、日本選手権でも準優勝し2020年世界選手権の日本代表に内定。 仕事と競技を両立できる時代にフィットした選手を目標に日々奮闘中。

ayakaueda6
【上田選手のコメント】

もともと運動中に他者と比べて喉の渇きが早く、水を多く摂ってしまうことが悩みでした。 山のレースは自分で水分も背負って競技することが多く、水分を多く持たなければならない私は重さの面でもビハインド・・・。
体質だから仕方ないと思っていましたが、凌駕のことを知り早速試してみました。
普段から水分を多めにとることを意識しつつ、レース前日には凌駕を1包飲みウォーターローディング、活動中も水に溶かして飲んでみました。
すると、喉の渇きを感じにくくなり、レース中の水分摂取量を明らかに減らせました。
いまは他アスリートの使い方も参考にしながら、レースの際は約500mlに2包溶かした濃いものと、何も入れない水の2つのボトルで、その時の調子に合わせおなかの中で濃度を調節しています。
また、レース前日だけでなく、ここぞ!という練習の際にも摂取し、日常的に保水できる体づくりに努めています。
とってもお世話になっている凌駕、もう手放せません!
 ayakaueda5ayakaueda4

【主な戦績】

【2018】
Skyrunning アジア選手権          3位

【2019】
山岳スキー日本選手権 VERTICAL       3位

  スパトレイル 56K           優勝

  中央アルプススカイラインジャパン 35K 優勝

  Skyrunning 日本選手権 SKY        準優勝

  Lantau50 54K             優勝  

  Skyrunner® Japan Series        年間ランキング2位

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の記事

  1. 12.202019

    アスリートボイスNo.10追加! 上田 絢加 選手

    凌駕アスリートボイスNo.10スカイランニング・トレイルランニング 上田 絢加 選手登場!!...

  2. 11.242019

    アスリートボイスNo.9追加! 安田 隼人 選手

    凌駕アスリートボイスNo.9スカイランニング・トレイルランニング 安田 隼人 選手登場!!...

  3. 4.252019

    アスリートボイスNo.8追加! 輿石 亜佑美 選手

    凌駕アスリートボイスNo.8テニス 輿石 亜佑美 選手登場!!今日はテニス界期待の新...

ページ上部へ戻る